インフラ系エンジニアの苦労とは

インフラ系エンジニアとしての仕事で苦労する点としては、サーバ運用などにおける保守点検の時間が不規則となる点である。
24時間運用が基本なので、問題無く稼働することを保障するために休み無しで対応することも多い。
さらにそのキャリア形成においては、ハードウェア重視であったこれまでとは異なり、ソストウェアに関する知識や経験も必要となってきているものである。
そのため、プログラミングに関するスキルも求められるようになっていることも課題である。

ITインフラは、常に進化を続けており、それに対応するプログラミングも効率良く構築されたインフラ基盤が必要となってきている。
こういったプログラミングにおける負担を減らすためには、豊富なプログラミングの知識が求められる。
これからは、さらにコードを書けるインフラ系エンジニアが必要とされるのだ。
また、その先のキャリアとして管理職に就くためには、なおさらプログラミングに関する知識は必要且つ、重要になってっくる。

他にも、インフラ系とシステムエンジニアとの円滑なコミュニケーションを図るため、ビジネススキルが求められる傾向にある。
最近は多くのセミナーが開催されているが、実践の中で経験を培う必要のあるビジネススキルをなかなか身に付けられずに苦労する者も多く見られるものだ。
これからの課題として、プログラミングとビジネススキルの向上が更に必要となってっくるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です